FC2ブログ
『「治る力」の再発見』の著者・大塚晃志郎先生から、こんな美術展があるのをご案内いただきました。9/16(水)まで開催中。

「2009アジア・パラアートTOKYO」

つまり、芸術のパラリンピックですね~
サイトに入っていただくとわかると思いますが、斬新な発想の作品が多いです。

同サイトの、「パラアートと近代美術における純粋性の探求」

という、村松和明さん(岡崎市美術博物館学芸員)という方の解説に、こんな一文があります。

「清透な目と心を持つ彼らの作品は、我々が、いつの間にか失ってしまった純粋なものの見方や、自由で豊かであった「真の人生」を再認識させてくれることであろう。それは、まさに「健全なる良心の宝庫」であり、その豊かなインスピレーションの宝庫であるこの画集は、我々に新鮮な驚きや感動を与えてくれるに違いない。」

私は以前、静岡県掛川市にある「ねむの木学園」という、身体に障害をもつ子供たちの療護施設の「ねむの木こども美術館」の展覧会を見たことがありますが、時にモーツァルトの幼年期の作品を思わせる「純粋さ」に、芸術の"本質"はやっぱり技術的なこと(描き手の表現目的によっては大きな部分を占めますが)ではないのかな、という重要な問いをもらって帰ったことを思い出します。

東京に住んでいて、アートに関心があったりすると、たまに「**アートセンター」みたいなところから、「高名なアーチストの版画を買いませんか?」というお姉さんの声で電話がかかってきます。

あるいは、「XX展」(これもなぜか版画系)と銘打ったショッピングセンターでの展示に出かけると、見終わったあとの出口には、なぜか旅行代理店みたいにテーブルとイスが何個もあって、「とっつかまった(?)」人たちがさっき見たばかりの版画の商談をもちかけられています。

オリンピックもそうですが、半ば(以上)商業化してるこの世界でいい作品に出会うためには、時には知名度とはゼンゼン関係ない、こうした展覧会に出かけて、自分の眼の幅と深さをリニューアルすることが必要だと思っています。




2009.09.12 Sat l アート l COM(1) TB(0) l top ▲
2004年のクリスマスに結婚したわけですが、2005年からずーっと「自転車買おうか」と言いながらナント今まで買いませんでした。

1)近くにいい自転車屋さんがない(小さいお店のオヤジはがんこラーメンみたいでやばい)
2)通販では買いづらい
3)そもそもどんなのを買うべきか?

3)については、なまじいろんな自転車ツーキニストの本とか読んじゃって耳年増になってしまい、「どうせ買うならよく調べて満を持して買わねば!」になっちゃって、これがまたデカい足かせに。


先月、フラッと川崎のカメラ屋系量販店に行ったら、けっこう自転車がたくさん置いてあって、その中で奥さんがたいそう気に入った一台。
ランドローバーのAL-CRB7006という車種です。

cycle1.jpg
cycle2.jpg


「でもこれお高いんでしょう?」~byTV通販。
べつにそんな事なかったです。

いろんな本を読んで頭にしみついていたのは、「あんまり安い自転車は重い!」ということだけ。アルミフレーム(錆びない)で12kgっていうんで、まいっか。
車種は決まりましたが、量販店にあったのは緑色だけ。
ウェブで探すと、うーむ青もあるのか! というので、
後日、成城からバスで行ったとこにある自転車専門店で……うううやっと購入! 自転車1台買うのに4年半かかった夫婦です。

でも「成城ナンバー」のシールもらったので意味なくプチブル気分?

なにせ奥さんは20年ほどまえに無印良品の自転車(超重い)を、私はもっと前にナショナルのミニサイクルを買ったことしかないので、備品なども何を買ったらいいかぜんぜんわからん。カゴは? ライトは? カギは? パンク修理キット買っても初心者がホントに自分で直せるのか?
そーゆーことも店員さんが丁寧に教えてくれました。あースーパーで買わないでよかったす。


使うのは主に奥さん専用……フレームの形からして、後ろからまたがないと乗れないんで短足の私は大変~ジーンズを店頭で買ったら裾ツメなしではいて帰れる奥さんニクし!
(私はデニム帽が作れるほど生地が余ります~)

ちなみにこの自転車、奥さんが
「読売ランドローバー」と命名しました。 ヨミラン号?

買ったら買ったで、こんどは盗まれないかが急に心配になってきますね……。

それより奥さんにちゃんとヘルメットかぶってほしいんですけど。
スペクトルマンの「怪獣Gメン」の女子隊員用ヘルメット自作してあげようかな。
(頭にでかいパトランプ(回転灯)がついてて超目立つんす。夜間は一人「工事中」人間に?)

私は、まず、ちゃんと右手で「左折」「右折」の合図をピシッとやる交通少年(中年)からやり直すか……?

PS. 変速機の使い方がまだわからん……
2009.09.10 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
またまた知り合いさんから、こんな超短編が。
ギリシャの作品みたいです。

「What is that?」

亡くなった父が、私が小さい子供のころしつこく「あれは何~?」と言ってきたのを思
い出してちょっとうるうるしました。
亡くなる前、弱ってから病院の中でちょっと譫妄状態になって「ここはどこ?」「これ
は何て曲?」ってなんども聞いてきたのも思い出します。
問題なのは「あれ that」が何であるかではなく。
愛はpassionでなくpatience?
2009.09.07 Mon l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲
知り合いの作家さんからの案内。
「文通博覧会2009 in東京」
http://bunpaku.vs.land.to/

これは、手紙を書くことに必要なレターセットを作家さんや絵描きさんに作ってもらい展示・販売する博覧会です。

むろん私のお目当ては、いろんな作家さんの(ここでしか売っていないものもある)レターセットを物色することですが!

自分で絵手紙とか描く&つくる際の参考にもなるかもですよ。

そしてレターセットを買うということは、誰かに出さねば! ということで
(コレクション用には1組残れば充分)、

3月に父が昇天してから、一人暮らしになった母や、マイミクさんへの手紙書きに使おうかな……

会期は9/6までと短いので、興味のある人は急ぎましょう~





2009.09.01 Tue l アート l COM(1) TB(0) l top ▲
お久しぶりです~

なんと「年賀状」の話題以来のアップです。
2月から7月末まで仕事に忙殺されてたんですみません~
(誰に謝ってるんだか)

知人から送られてきた、なごみ映像。
うーむ驚きました。
なんか創作意欲が刺激され?

You Will be Totally Amazed!!
Watch the Whole Video!

http://fun.mivzakon.co.il/flash/video/2344/2344.html


動物畫圖 大象畫大象

簡直令人難以置信!太神奇啦

不敢想像的事情

人類應該以不同的角度及態度來善待眾生

理解動物朋友們在地球存在的時間真的比人還要久
2009.09.01 Tue l アート l COM(2) TB(0) l top ▲