FC2ブログ
1月31日は目黒の某音楽センターで、3年ぶりくらいでピアノの発表会に出ました。
弾いたのはスウェーデンの作曲家フーゴ・アルヴェーンの「波の歌」という曲なのですが……、
私にはそもそも難しすぎて&練習不足と、これまで何度も途中でめげていたために、ホント~に久しぶりの発表会参加でした。3年ぶりというのは要するに、3年間もこの曲の表面をちょろちょろ撫で廻していたわけで。

今回は5ページの楽譜を「いいとこどり」で3ページちょっと位に先生に縮めていただき、ワープ航法で弾いたのに、中間部は10回近くも頭ループ状態。海の曲だけあって、「魔海サルガッソウ」にはまった船みたいになっちゃいました。 つっかえたら、すました顔で次へ行っちゃうという練習が足りなかった~

しかし最後のページはなんとか弾けて最後まで行けたので、完敗せずにすみました 。
先生すみませんでした&ありがとうございます~

怪しい演奏の印象が強かったのか、いつもは無いことですが、他の参加者さんともお話できて楽しかったです。
笑っちゃったのが、
「みんな普通の曲を弾かれるので、"現代曲"もいいですね~」と言われ。
違うんです! 本当はスウェーデンのラフマニノフみたいに大ロマンティックな曲想なんす!
音がズレまくってるんでそー聞こえるだけなんす!

次回は3年も置かずに懲りずに出たいので、もうすこし手の中に入りそうな曲を選びたいです。
(もう選んじゃったけど)

皆さん、私のようになる前に、以前私が苦労してつくったこの本をぜひぜひ読んでほしいです(笑)。

ジョージ・レナード著『達人のサイエンス

何かを練習し、マスターする上での、精神的な原則と王道が書かれています。
「近道」を書いたハウツー書ではなくて、「上達への正しい道の歩み方」について書かれています。

ヒントは、「進んで馬鹿(fool)になる自由」。
それってどーゆーこと?

もう一つのヒント、「達人とは永遠の初心者である」。

私も初心に帰らなきゃ。

Y2.jpg


p2.jpg


スポンサーサイト



2010.02.04 Thu l アート l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.11.30 Fri l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ureuredo.blog105.fc2.com/tb.php/23-cb0b2d6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)